遺品整理よりも生前整理が迷惑をかけない?

終活という言葉もだんだんと広まってきています。それにともなって、遺品整理や生前整理という考え方にも注目も集まるようにもなりました。終活は、自分の人生をより良く終わる、また楽しいセカンドライフの設計ですが、さらに残された家族のための活動でもあります。そんな終活の1つとして、生前整理を始める人も増えてきているそうです。ここでは、生前整理についてみていきましょう。

生前整理について知っておこう

生前整理とは、元気なうちに自らで亡くなったときのための準備をしておくことです。ですので、生前整理はいつからでも、始めることができます。この整理をすることで、自分のためにもなりますし、家族のためにもなるのです。遺品整理だと、亡くなった方の持ち物を整理したり、形見分けしたりと家族や故人の周りの方のための意味合いが強いです。その目的の波及する人が異なるのが、大きな違いです。
また、生前整理をしていたほうが、実は遺品整理よりも家族は困らない、助かるというのも事実です。たとえば、遺品整理をしていても、これは捨ててもいいのか、遺すのかといった判断が難しいこともあります。形見分けをしたくても、どれをあげればいいのかわからない、また美術品や収集物といったものが残されても価値もわからないし、管理方法もわからないなんてことがよく起こります。聞きたいときにはもういないので、どうしたらいいか困ってしまうこともあります。迷惑をかけるというわけではありませんが、やはり生きているうちに、説明があればよかったなと思う家族は大勢いるのです。こうしたことを考えると、実は生前整理をしていたほうが、家族にとってはありがたいということになります。そう考えると家族のためのという目的が、生前整理の大きなメリットなのです。

生前整理で気をつけることとは

生前整理でも、いろいろなことがあります。必ずしもすべてをする必要はありません。整理をしているうちに、気持ち的に鬱になったりするケースもあるのです。これも無理して行っていたり、過去を振り替えるうちに滅入ってきて、それが引き金になることもあります。無理をしないことを忘れてはいけません。さらに、時間をかけて行っていってもよいのです。ですので、始めるのであれば元気な内に、早くから始めたほうがいいかもしれません。

生前整理の内容とは

uklifu
生前整理の内容としては、いろいろなもことがあります。たとえば、お墓のことや葬式のことがあります。葬式も家族は大きくやりたいなんて考えていても、本人は家族だけでというように考えが違っていることもあります。またお墓の準備も、家族にとっては負担も大きいです。そこで、本人が元気なうちに葬式のやり方を決めていたり、お墓の準備の手配をしていたり、購入をしていると、亡くなられた後は家族もスムーズに事を進めやすくなるでしょう。
あと、持っているものを家族に残すもの、形見分けをするものなどに分けたりしていきます。形見分けならば、誰々宛というように相手も決めておきましょう。また美術品や収集物についても価値があるかどうか、どこかに寄贈するか、また家族に残すならば管理方法などもメモを作成しておきましょう。こうしたものが遺品となり、家族へと渡っていきます。
あと、忘れていけないことが遺言状です。財産などあるときに、やはり遺言状作成も不可欠です。誰にいくら残すかなど分配についても、考えておきましょう。特に指定がなければいいのですが、あるときには弁護士に相談するなどして、有効な遺言状を作成しましょう。

最後に

生前整理の内容も子ページでも紹介しています。ぜひ参考にして、生前整理を始めることも考えておきましょう。
■遺品整理110番|1R40,000円から経験豊富なプロが対応【http://www.tripperclub.com/】
遺品整理や特殊清掃はお任せください

新着情報

◆2016/04/25
遺品整理よりも生前整理が迷惑をかけない?の情報を更新しました。
◆2016/04/21
基本情報を新規投稿しました。
◆2016/04/21
生前整理の目的を知っておこうの情報を更新しました。
◆2016/04/21
生前整理で遺言書を作っておこうの情報を更新しました。
◆2016/04/21
生前整理では次のことをやっていこうの情報を更新しました。